SHAPEYE SURFBOARDS

 

Established in 1992, SHARP EYE surfboards is filling a gap in the market with an unprecedented commitment to consistency, quality and customer service.

Since its beginning, founder Marcio Zouvi has had the vision of creating a surfboard company that would have an open door to the customer and to establish a friendly environment in which the surfer's satisfaction is the number one priority.

We have partnered with the top suppliers in the market for the best materials and blanks and we invest in new construction methods frequently, so our customers will always ride the latest in surfboard technology.

All of our designs were created from the feedback given to us by our riders.

Our main goal is to create designs that allow every surfer to have the most fun possible.

We are proud to state that all of our boards are made entirely in the USA by experienced craftsmen who have over one hundred combined years of surfboard building experience.

We guarantee that this is the main reason SHARP EYE is the company that it is today and we won't change for any reason.

 

シャープアイサーフボード(Sharpeye Surfboards)は、1992年、カリフォルニア州サンディエゴでマルシオ・ゾウビ(Marcio Zouvi)によってスタートした。80年代半ばにブラジルから移住し、1988年、自身が乗るためのボードをガレージでシェイプし始めたのがきっかけだが、そのバランスの取れたパフォーマンス性豊かなシェイプの評判は彼のサーフ仲間にも瞬くまに広がり、サンディエゴエリアでは一気に知られる存在となっていく。そして1992年、正式に創業しSharpeye Surfboardsとして船出した。

マルシオは(別インタビューでも自ら好奇心旺盛と答えているように)最先端の技術や素材に対して非常にオープンで、当時まだ珍しかったCADシステム(コンピュータ支援設計)を、1992年の創業時にはすでにボードデザインに取り入れていた最初の一人としても知られている。

シャープアイといえば、何と言ってもコンペティターの要望を叶えてくれるハイパフォーマンスショートボードが魅力だ。実際、現在のサーフシーンを賑わすプロサーファーからのオーダーは後を断たず、チームライダーも素晴らしく豪華な顔ぶれとなっている。Oliver Kurtz、Brian Toth、Evan & Cody Thonmpsonブラザーズ、Addison Milesなど、最先端マニューバーを繰り出すトップライダー達からの信頼は厚い。

さらには、2014年4月にようやく18才になるというブラジル人WCTサーファーFilipe Toledoが2014年シャープアイサーフボードと契約したというニュースもつい最近飛び込んできた。シャープアイを駆って、彼が世界トップの舞台でどんな活躍をみせてくれるのかも注目していきたい。

最強の武器を探しているというコンペティターはもちろん、さらに上のアクションを目指してみたいというフリーサーファーまで、「ロングボードは今までにシェイプしたことがない」と公言しているスペシャリストのデザインをぜひとも体感してみてほしい。

  • Visa
  • MasterCard
  • Amex
  • PayPal