Filipe Toledo's HT2 Snapper Edition

Sharpeye Surfboards -

18WCT初戦クイックシルバープロがスナッパーロックで行われました。
シャープアイチームのイアン・ゴウヴェイアは調子が出ずラウンド2で敗退。今年からパーソナルトレーナーの日系ブラジル人エドアルド・タケウチさんをつけてチャンピオンを本腰入れて狙うフィリペ・トレド。ラウンド1は他を寄せ付けない点数でラウンド3へジャンプアップ⤴ラウンド4では異次元とも言えるビッグブロウテイル〜クラブサンドウィッチを披露しクォーターへ。サイズアップのためスナッパーからキラへ会場を移し、クォーターファイナルでリズムを掴みきれず敗退しましたが、今季初のプログレッシブサーフィンを披露したことでWSLファンの記憶には刻まれたんじゃないでしょうか。スナッパーで使用していたボードはトム・キャロル先生も気になるHT2 5'10" x 18 1/4" x 2 1/4" ボトムにシングルチャンネルが施してあるスワローテイル。フィリペ・トレド スナッパーロックエディションのHT2は5月頃ストック予定。入荷予定です。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。